レクサスNXを狙い撃ち!キャデラック最小SUV「XT4」はPHEVで発売

キャデラックの最小クロスオーバーSUV「XT4」を、南ヨーロッパの気候テストで再び捕捉しました。

「SRXクロスオーバー」の後継モデルである「XT5」の下に位置する「XT4」は、激戦のCセグメントSUVに属し、レクサス「NX」、メルセデスベンツ「GLA」、アウディ「Q3」、BMW「X1」らと鎬を削ることになります。

カモフラージュの下には五角形メッシュグリル、鋭いLEDヘッドライト、テールライトのグラフィックがうっすらと浮かんでいます。Cピラーには何やらライトのようなものがついていますが、これはただのフェイクと思われます。

注目は左フェンダー上部のカモフラージュで、下には充電ポートが隠されている可能性が高いことから、XT4は4気筒ターボとモーターを組み合わせた、PHEVモデルとして誕生するとレポートされています。

ワールドプレミアは2018年夏頃とされています。なお、キャデラックは今後半年に一度新型モデルを発表し、2年間で計5台を市場に投入する計画だといいます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?