トヨタ・ハリアーのマイナーチェンジ、2.0L直噴ターボエンジン、「Toyota Safety Sense P」以外のポイントは?

6月8日にマイナーチェンジを受けたトヨタ・ハリアー。2.0L直噴ターボエンジン、「Toyota Safety Sense P」という2大看板だけでなく、細部にまで手を打ってきています。

2.0L直噴ターボエンジン車は、フロントとリヤにヤマハ製パフォーマンスダンパーを搭載。これはレクサスNXなどと同じ手法ですが、車両のロール剛性を上げることで、高速走行時における優れた直進安定性や操縦安定性を確保できる効果が得られるもの。

さらに、走行制御モードスイッチにスポーツモードを追加することで、より力強い加速感とスポーティ感あふれるハンドリングを両立したとしています。ほかにも、専用の18インチアルミホイール(切削光輝+ダークグレーメタリック塗装)が標準装備されています。

冒頭で紹介したように、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」が全車に標準化されています。同時に、シフトレバー操作と連動して自動的に作動と解除を行える電動パーキングブレーキも設定されています。

『トヨタ・ハリアー』の最新記事
ハリアー街中試乗
新型ハリアーに求めるものは快適性か軽快感か? 清水和夫はどっち??【SYE_X】
新型ハリアーが挑んだ、デザインと使い勝手が両立する「ギリギリのライン」【新型ハリアー公道試乗】
ハリアー試乗
都会派SUVの先駆車・ハリアーは、さらに磨きをかけたスタイリッシュさがステキ

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています