トヨタグループの4月国内生産が前年比31%増加した訳は?

トヨタ自動車が5月末に発表したダイハツ・日野を含むグループの4月度世界生産台数は、81.9万台(前年同月比+8.7%)。

その中で、国内生産が2ヶ月ぶりに前年同月比で30.8%増となる33.8万台まで伸びているのが注目されます。

これは昨年、熊本地震や関連工場の爆発事故などで国内生産が混乱した反動とみられ、内訳を見るとトヨタ本体が25万台(+24.6%)、ダイハツが7.5万台(+59.9%)、日野が1.3万台(+20.3%)となっています。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。