安倍首相も早速試乗! FCVのトヨタ「MIRAI」が想像以上の人気で増産へ!?

2015年末までに約400台の販売目標台数を掲げているトヨタ「MIRAI」ですが、発売から約1カ月後の1月14日時点で約1500台を受注。

mirai_02

内訳は官公庁や法人が約6割、個人が約4割で、地域別では東京都、神奈川県、愛知県、福岡県が中心だそう。いずれも水素ステーションがすでに稼動中、もしくは建設が予定されている大都市圏に集中しています。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。