おすすめ記事一覧

乗用車からワゴンボディへの回帰? 新型ワゴンRが求めた変化とは?(前編)

2017/03/06 11:33 by   ニュース・新車, コラム・連載, デザイン, 新型車・フルモデルチェンジ, 新車

ハスラーやスペーシアなど、スズキから新しい人気車種が次々に登場するなか、新しいワゴンRは変化を求められたといいます。では、その変化の内容とは何か? 担当デザイナーにインタビューを行ないました。前半はコンセプトからフロントを中心に話を聞きます。

── まず、今回6代目を開発するにあたって、ユーザーや営業サイドなどからの要望はあったのですか?

「はい。実は先々代のデザインが好評で、先代はそれを踏襲したものでした。なので、今回はそろそろ変化が欲しいとの声が多かった。もちろん、ワゴンRらしさはキッチリ守った上で、という声ですね」

── 新型の造形上のテーマは何でしょう?

「バーサタイル=万能性です。前2世代はかなり乗用車的な表現で「ワゴン」のイメージが少し薄かったと感じます。そこで、流行のエモーショナル方向とは違う、機能としっかりリンクするような表現を考えました」



あなたにおすすめの記事