「燃料電池バイク」市販に向け、国交省が技術基準策定!

国土交通省が先頃、燃料電池バイクの技術基準を策定したと発表しました。

これはスズキなど、2輪の生産を手掛ける国内自動車メーカーが燃料電池バイクの開発を進めていることを踏まえ、世界に先駆けて安全基準を制定したもの。

01(出展・国土交通省)

同省は道路運送車両の保安基準を改正、2輪特有の要件を織り込んだ安全基準(高圧ガス燃料装置の強度、構造、取付方法等)を策定したとしています。

<改正概要>
・転倒時に水素タンクが路面と接触しないこと
・衝突、追突時等にタンクが他の部品と接触しないこと
・規定の加速度を加えた際にタンクが脱落しないこと
・タンクの安全弁作動時の水素放出方向は下方へ
・水素放出時の気体濃度が基準値以下のこと
・水素濃度3%で警告、4%超えで水素供給を遮断

同技術基準は来年2月23日以降に発売される新型車、継続生産車から適用されます。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事