雷神光るボルボXC60次期型、航続距離60kmのPHEVモデル投入へ!

ボルボのコンパクトクロスオーバーSUV「XC60」次期型プロトタイプを豪雪の北欧でカメラが捉えました。

Spy-Shots of Cars This image has been optimized for a calibrated screen with a Gamma of 2.2 and a colour temperature of 6500°K

2008年、ボルボ初のクロスオーバーSUVとして発売された「XC60」は、2009年度のボルボベストセラーモデルに輝く人気モデルとなり、勢いそのまま、日本でも発売され、大ヒットしています。

次期型では、「S90」などにも採用されている「SPA」(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)プラットフォームを流用し、ホイールベースを延長。実用性を向上させるとともに、Dピラーを寝かせスポーティーさもアップしています。

パワートレインは低燃費、低排出で快適なドライブを実現する新生代「Drive-E」2リットル直列4気筒エンジンや、バッテリーのみで航続距離60kmも可能なプラグインハイブリッドのラインナップが予想されています。

新世代ボルボでお馴染み「雷神」T字型デイライトポジショニングライトを光らせ現れた次期型は、2016年5月に公開された「コンセプト40.1」の意匠から影響を受けたデザインが予想されています。

最新情報では、ワールドプレミアは2016年秋頃が有力です。

(APOLLO)


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事