世界戦略車ヒュンダイ・ソナタが4年でフルチェン!

日本では導入されていませんが世界ではとても高い評価を得ているのがヒュンダイです。その中核を担っているのがミドルセダンの「ソナタ」です。

Spy-Shots of Cars

4年という未時間スパンで投入予定の次期モデルではよりアグレッシブ&スポーティーなフロントマスクになるようです。ヘッドライトは現行モデルより薄くつり目となっているのがわかります。中にはLEDが複数入るデザインになるようです。

エンジンは1.6リットル4気筒ターボと2リットル4気筒ターボそしてハイブリッドが用意されるとのことです。

正式発表は2014年3月と噂されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?