オフロード色強めでボディサイズを拡大! メルセデス・ベンツ GLAが第二世代へ

メルセデス・ベンツのコンパクト・クロスオーバーSUV、「GLA」の次期型プロトタイプを初めて鮮明にカメラが捉えました。

GLAは、2013年上海モーターショーにてコンセプトモデルを公開。同年フランクフルトモーターショーにて市販型がワールドプレミアされ、翌2014年5月から日本でも販売、メインターゲットを30代から40代に絞り、立体駐車場に収まるサイズのクロスオーバーSUVとしてスマッシュヒットとなっています。

2017年には改良型を発売し好調な販売をキープしていますが、一部ユーザーから不満とされているのがそのロースタンスです。クロスオーバーSUVとはいうものの、ハッチバックよりのボディシルエットであり、乗り降りを楽にする反面、若い世代には物足りなさが残るようです。

捉えた開発車両は市販型ボディと思われますが、現行モデルよりリフトアップされており、次期型ではクロスオーバー色が高められると予想されます。プラットフォームには、再設計された「MFA2」(メルセデス・フロントドライブ・アーキテクチャ)を採用し、ホイールベースは新型『GLB』よりは短いものの、現行モデルより延長される可能性が高いです。またヘッドライトはシャープに、テールライトは「Aクラス」に似た薄型に刷新され、新型ではスポーティさも兼ね備えるモデルとなりそうです。

コックピットでは、最新世代のインターフェイス「MBUX」を搭載。上位モデル「Eクラス」や「Sクラス」同様にインストルメントクラスタ、及びインフォテイメントシステム用のデジタルスクリーンを完備します。またタッチ機能も備えボイスコントロールにより多くの車両機能を制御することも可能です。

パワートレインは、最高出力221psを発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンや2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンをラインアップするほか、遅れてプラグインハイブリッドが設定される可能性も高いでしょう。トランスミッションも改良され、現行モデルの7速DCTから新開発の9速DCTへ変更、スムーズな加速を実現します。ワールドプレミアは、2020年内、発売は2021年と予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
シュコダ オクタビア RS外観_007
ボディが大くき変形! VW傘下のチェコ・シュコダ社最速ワゴン、テスト走行中に大クラッシュ
BMW M2 コンペティション外観_001
BMW M2、いよいよ電動化へ。48Vハイブリッドモデルが計画中
ベントレー フライングスパー スピード外観_003
ベントレー最速の4ドアサルーン・フライングスパーに680馬力の「スピード」設定へ
ヒュンダイ i10 N 予想CG
韓国・ヒュンダイのコンパクトホットハッチ「i10N」を大予想!
アウディ Q5内観_002
ディスプレイが大きくなった! アウディ Q5改良型のコックピットを撮影成功
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事