ペースを下げロズベルグを4位以下に落とす1位ハミルトンの戦略、結果は?【2016F1最終戦アブダビGP】

10月27日(日)、2016 F1最終戦アブダビGPが、ヤス・マリーナ・サーキット(全長5.554km、周回数55周)で開催されました。

m51008

今シーズンは最終戦までドライバーズチャンピオンが決まらないという、大接戦。やはり最終戦まで誰がチャンピオンになるのか分からないほうが、ドキドキワクワクして楽しいですよね。

第20戦ブラジルGP終了時点のランキングは、ニコ・ロズベルグ選手(メルセデス)367ポイント、ルイス・ハミルトン選手(メルセデス)355ポイント。ハミルトン選手が逆転優勝するには優勝が絶対条件で、なおかつロズベルグ選手が4位以下で終わらないといけないという、ロズベルグ選手が圧倒的に有利な状態です。

m52202

ポールポジションのハミルトン選手と、2番手のロズベルグ選手が1コーナーでぶつかったらどうしよう・・・なんていう妄想をしてしまいましたが、フロントローの二人は何事もなくレースはスタートしました。5番手スタートのマックス・フェルスタッペン選手(レッドブル)はニコ・ヒュルケンベルグ選手(フォースインディア)に接触、スピンをしてしまい最後尾まで順位を落とします。

f1161126008h

13周目、今季かぎりでF1を引退するジェンソン・バトン選手(マクラーレン)の様子がおかしい! なんとターン9の縁石に乗った際に右フロントのサスペンションが故障してしまい、ラストレースをリタイアで終えることになってしまったのです。観客席からは温かい拍手が送られ、ガレージではバトン選手のお母さんが涙でお出迎え。そしてバトン選手がチーム一人一人と握手し終わると、サスペンションが故障した時の様子をクルーに報告しに行ったではありませんか。最後の最後までF1ドライバーとしての役割を果たしている姿に、涙がとまりませんでした。

バトン選手の走りを見て、F1が大好きになった私にとってバトン選手の引退は未だに信じられないこと。ラストレースは完走して笑顔でレースを終えて欲しいと願っていたのですが、とても残念な結果となってしまいました・・・。でも、ヘルメットを外したバトン選手の穏やかな表情で少しだけ救われたかも。

f11125007h

バトン選手はこれからもずっと、私の中の「ICHIBAN」のF1ドライバーです。F1参戦17年全305戦、ファンとしては長いようであっという間だった彼のF1人生。本当に本当にお疲れさまでした! そして最後まで素晴らしい走りを見せてくれてありがとう!!

この記事の著者

yuri

yuri 近影
2006年のF1日本GPを観に行ってから、どっぷりF1&ジェンソン・バトンにはまってしまったF1女子。F1が大好きですが、クルマの運転は下手(小林編集長お墨付き)、メカニズムも苦手、だけどドライバーの知識と愛だけは自信あり! もっと気軽にF1を楽しんでもらいたい、好きになってもらいたいという気持ちで執筆活動をしています。趣味はバトンの追っかけと、F1海外観戦。現在は新米ママとして子育てに奮闘しながら、のんびり記事を更新中。あたたかーい目で見守っていただけると嬉しいです。