5月5日はもてぎでV12ホンダF1サウンドに酔いしれたい

東日本大震災の影響を受けた、栃木県のツインリンクもてぎ。

けっして軽い被害ではなかったものの、復旧は確実に進んでおります。

そして、このゴールデンウィークにはスペシャルイベントが目白おし。モータースポーツファンには楽しみな、まさに復興ウィークとなっています。

 

なかでも注目なのは5月5日に予定されている『Honda MUSIC』。


こちらはホンダ・モータースポーツの礎を築いたヒストリックレーサーである二輪レーサーRC181(1967年)と第一期F1マシンのRA301(1968年)という貴重な二台のエンジン始動を見ることができるというもの。

 

場所はホンダコレクションホールの中庭ミニコースで、時間は11:20/15:20(各回約10分)を予定しているそう。

 

え、 RA301といわれても、どんなマシンか想像できないって?

 

はい、こちらです。

 

エンジンはバンク角90度のV型12気筒で、排気量は2993cc、最高出力は440馬力。

40年以上前のレース用エンジンが、動く状態になっているというのはたいへんなことで、そのサウンドを聞けるというのは間違いなく貴重な機会。

 

いまのF1では聞くことのできなくなった12気筒の咆哮を楽しむために、ゴールデンウィークにはツインリンクもてぎを訪れてみませんか?