「e-POWER」が投入された新型ノートは、フィット・アクアを追い越せるか?

待望の新型セレナは好調なスタートを切っており、100%モーター駆動で走る「e-POWER」を追加して一部改良を受けたノートにより、国内市場での存在感をさらに増したい日産自動車。

161102-01-35-1200x5491

同社によると、日本国内のコンパクトカー市場ではトヨタ・アクアが31%でトップを独走し、フィットが18%、ノートが15%と続いています。また、日産の予想では同マーケットのガソリン車のシェアは徐々に縮小し、ハイブリッド車が伸張するとしています。

Image converted using ifftoany

aqua1511_02_s


あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています