日産スカイラインGT-R復活? 568馬力のV6ツインターボ・4WD【動画】

3月6日より一般公開のはじまったジュネーブモーターショー2014。日産のプレミアムブランド「インフィニティ」のブースに飾られた「Q50 オールージュ」が注目を集めています。

2014_GMS_Q50_Eau_rouge_engine_reveal_4

すでに年初のデトロイトショーにて、その存在や外観はアピールしていた「インフィニティQ50(日本名:スカイライン)」のスペシャルバージョンが、この「Q50 オールージュ」。ジュネーブではパワートレインが明らかになったのです。

日本のスカイラインは3.5リッターV6・ハイブリッドのパワートレインとなっていますが、なんと「Q50オールージュ」は3.8リッターV6ツインターボを搭載。最高出力568馬力、最大トルク600Nmという強心臓になっていました。

Q50_EauRouge_568hp_Engine_2

Q50_EauRouge_568hp_Engine_3

スペックや外観から想像できるように、このV6ツインターボはGT-R譲りといえるもの。そこに7速ギアボックスを組み合わせ、駆動方式はトルクスプリット型4WDとなっていると聞けば、『スカイラインGT-R』の復活を想像してしまうのでないでしょうか。

0-100km/h加速が4秒以下、最高速は288km/h近いというスーパースポーツサルーン。そのターボらしいエンジンサウンドは動画で公開されています。

(山本晋也)