ホンダ・フィット次期型、ワインディングロード走行を目撃。大型ディスプレイも見えた!

■新型ホンダ「フィット」は大型ヘッドライト、3本スリットのワイドグリルで登場?

ホンダ「フィット」の次期型がワインディングロードを走る姿を目撃しました。実に軽快に、そして力強く走る姿が確認できたようです。

捉えた開発車両はかなり偽装が落とされ、新LEDデイタイムランニングライトを備える大型のヘッドライト、3本の横スリットが入ったワイドなグリル、アグレッシブなコーナーエアインテークの形状、リアエンドではリアゲートにまたがるように配置されたテールライトなどが見てとれます。

さらにウィンドウ越しに撮影されたクローズアップ画像には、大型ナビゲーション・ディスプレイの一部も映されています。

予想されるパワートレインは、1.0リットル直列3気筒エンジン、最高出力110psを発揮する1.3リットル直列3気筒ガソリンエンジン、最高出力153psを発揮する1.5リットル直列4気筒+「i-MMD」ハイブリッドモデル、航続300kmのEVなどのラインアップです。

ワールドプレミアは、最速で2019年後半が有力ですが、遅れれば2020年前半になることもあると思われます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
シュコダ オクタビア RS外観_007
ボディが大くき変形! VW傘下のチェコ・シュコダ社最速ワゴン、テスト走行中に大クラッシュ
BMW M2 コンペティション外観_001
BMW M2、いよいよ電動化へ。48Vハイブリッドモデルが計画中
ベントレー フライングスパー スピード外観_003
ベントレー最速の4ドアサルーン・フライングスパーに680馬力の「スピード」設定へ
ヒュンダイ i10 N 予想CG
韓国・ヒュンダイのコンパクトホットハッチ「i10N」を大予想!
アウディ Q5内観_002
ディスプレイが大きくなった! アウディ Q5改良型のコックピットを撮影成功
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事