新型日産ジュークは巨大グリル装着で登場間近、ジュネーブで公開か?

日産のコンパクト・クロスオーバーSUV、「ジューク」次期型の最新予想CGを入手しました。

次期型には「CFM-B」プラットフォームを採用し、軽量化をはかりつつ剛性をアップ。ホイールベースは若干延長される見込みです。注目は巨大化されたダイナミックシールドグリルを装着し、円形ヘッドライトを含むフロントエンドで、その迫力はまるで「コンパクト ベンテイガ」のようです。予想CGでは、薄いヘッドライトですが、2015年東京モーターショーで公開された「グリップス・コンセプト」から意匠を継承するブーメラン型の可能性もあるようです。

パワートレインは最高出力95psを発揮する1.0リットル直列3気筒ターボエンジン、1.6リットル直列4気筒ターボエンジン、1.2リットル直列3気筒+電気モーターの「e-POWER」が予想されています。

室内では、「フローティング・ディスプレイ」の採用が予想されます。ワールドプレミアは最速で3月ジュネーブモーターショーの可能性があります。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
セアト クプラ アテカ外観_002
スペイン情熱の高性能ブランド「クプラ」初のSUVが大幅改良で300馬力を発揮
アウディ S4外観_002
アウディS4改良型、大刷新へ。メルセデスAMG C43を狙い撃ち!
ジャガー Fタイプ外観_003
これはイケる!? ジャガーFタイプ改良型、シューティングブレークやプロジェクト7の噂
ボラリス スリングショット新型_001
次世代三輪スポーツ・新型 ポラリス「スリングショット」、暗闇に姿見せる!
ポルシェ カイエン クーペ外観_003
カイエン史上最速モデル、800馬力の「クーペGT」開発車両をスクープ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事