新しいフォルクスワーゲン「ザ・ビートル」はどこが変わった?

4年ぶりに刷新されたフォルクスワーゲン・The Beetle(ザ・ビートル)。

一見、どこが変わったの? と思ってしまうのは、VWにとって不動の「デザインアイコン」であるからかもしれません。

The_Beetle_0

外観では前後バンパーを変更することでスポーティさを強調。

スッキリした印象が得られるのに加えて「The Beetle Turbo」改め「The Beetle 2.0 R-Line」には、新デザインのフロントバンパーにクロームストリップ、フロントフェンダーに「R-Line」バッジを配置するなど精悍さを増しています。

The_Beetle_16The_Beetle_15

さらに、新デザインのリヤバンパーにブラックのリヤディフューザーを装着すことで、従来型よりも低く見えますから、マイナーチェンジでスポーティな方向に振ったというのはこの「The Beetle 2.0 R-Line」に顕著といえそう。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事