2020年日本発売? VWの新型SUV「T-クロス」はマイルドハイブリッド搭載

フォルクスワーゲンの最小クロスオーバーSUV、「T-クロス」市販型プロトタイプがニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。

ニュルを走るテスト車両は、ヘッドライトにハロゲンダミーパーツが装着されていますが、個性的なテールライトは市販パーツと見ていいでしょう。「T-クロス」は、新型「ポロ」と同じくプラットフォーム「MQB A0」のスモールバージョンを採用し、日産『ジューク』に相当するボデイサイズとなります。

このテスト車両ではコンパクトなボディに対して大型のルーフスポイラーが装備されかなりスポーティなエクステリアが見て取れます。

パワートレインは、7速DCTと組み合わされる1リットル直列3気筒エンジン、1.5リットル直列4気筒エンジンの他、新型「ポロGTI」から流用される2リットル直列4気筒エンジンが予想され、マイルドハイブリッドが搭載されると予想されます。

VWは、2018年秋に初公開を発表しており、順調に行けば2019年欧州発売後、2020年に日本導入の可能性もあるようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

メルセデス・ベンツのスーパーカー「SLR」が復活!? コンセプトモデルとしてサプライズ登場の可能性も
BMW「8シリーズ グランクーペ」最強モデルの「M850i グランクーペ」、公開直前にフロントフェイスが完全露出
復活のトヨタ「MR2」、2021年にハイブリッドで発売!?
ポルシェに水平対向8気筒モデルが登場? 次世代ミッドシップ「988」は700馬力へ
日産・ジュークはどうなる!? ルノー「キャプチャー」新型プロトタイプを初キャッチ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事