次期スープラは DCT搭載の「スポーツ PHV」で登場か?

同メディアでは、そのハイブリッド・システムについて詳しく伝えており、ルマン24Hレースで戦う「トヨタ TS050ハイブリッド」の技術を採り入れる可能性があるとしています。

TOYOTA_TS050

具体的には、BMW製ガソリンエンジンで後輪を駆動、車両前後に搭載したトヨタ製モーターの出力を全輪に伝えるハイブリッド・システムを採用しているとのこと。

米国のZEV規制対応に伴って充電可能な「PHV」仕様とし、減速時の回生電力を利用してリチウムイオンバッテリーを充電する構造。

トランスミッションについても、ハイブリッド車用のCVTではなく、スピーディなシフトを可能にするトヨタ初の「DCT」(デュアルクラッチトランスミッション)が採用されるとしています。

TOYOTA_SUPRA

さらに、BMWの軽量化技術により車重を1,400kg以下に抑えており、Z5共々軽量化が図られているそうなので、その「走り」には相当期待できそう。

新型「スープラ」のワールドプレミアが今から大いに待たれます。

Avanti Yasunori ・画像:TOYOTA USA)

【関連記事】

新型トヨタ「スープラ」、スポーツHVで2017年秋登場か?
https://clicccar.com/2016/05/23/372960/

スープラ後継モデルのレンダリングイラストを入手
https://clicccar.com/2016/03/04/357976/

次期「スープラ」はスポーツHVターボで2018年に登場か?
https://clicccar.com/2015/09/23/328501/

3代目スープラはカーボン武装の「スポーツハイブリッド」で登場?
https://clicccar.com/2014/11/16/277918/

トヨタの次なる一手は「ダウンサイジング・ターボ+HV」か?
https://clicccar.com/2014/08/19/264845/


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事