正式デビューは9月!? BMW3シリーズ次期型、新デザインここまで露出

BMWのコンパクト4ドア「3シリーズ」次期型プロトタイプをスクープしました。これまでで最もディテールが分かる開発車両に加え、ベースモデルとMスポーツを一気に捕捉しました。

今回捕捉した2台のプロトタイプのうち、ナンバーが「096」で終わる車両は、エアダクトが大きくワイドタイヤを装着、リアバンパーにエアアウトレットが見られ、「Mスポーツ」の可能性が高いと思われます。

パワートレインは、エントリーモデルには、1.5リットル直列3気筒ターボ・ガソリン、及びディーゼルエンジンや、2リットル直列4気筒エンジンとモーターを組み合わせた48VマイルドハイブリッドとEVのラインアップが予想されます。「Mスポーツ」には、最高出力375psを発揮する直列6気筒エンジンが搭載され、xDriveの採用は間違いないでしょう。

テスト車両のエクステリアを見ると、最新のLEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライトのアウトラインが確認できます。現行モデルのようにグリルに向かって絞られるのではなく、グリルを包むようなデザインで下部には切れ込みが入っているようです。

キドニー・グリルはワイドな楕円形になり、テールライトは新型『Z4』のようなL字型デザインが採用されそうです。また現行モデルでは、ドアノブと同レベルにあるキャラクターラインが上部へ移動し、より攻めたデザインも特徴のようです。

ワールドプレミアは、2018年9月のパリモーターショーが最有力という情報です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型「トヨタ・スープラ」にはモータースポーツ用ライトウェイトモデルも設定。公道仕様も開発中!?
新型・フェアレディZが開発中! コンセプトモデルが2019年東京モーターショーに登場の噂
新型ポルシェ・911、オレンジのプロトタイプも走った!「PCCB」装着モデルを発見
これぞ究極のMINI。300psを発揮する「JCW GPコンパクト」、600万円で市販か!?
X3とは違うモデル! BMW初のEVクロスオーバー「iX3」市販型はオリジナルフェイスを採用