中国北京モーターショーに出展される新型ASXは、日本名RVRでアジア初披露

日本では大変なニュースとなってモーターファンフェスタへの出展も中止となった三菱自動車ですが、中国での北京モーターショーでは無事出展されているようです。

EVとSUVが現在の三菱自動車の強みとなっていて、経営資源を注力することも2015年の東京モーターショーでアナウンスされています。

2016年の北京モーターショー(4月25日〜5月4日)で披露されるASX(日本名RVR)は、2015年のロサンゼルスモーターショーで公開された2016年モデルとなるビッグマイナーチェンジ版。

4971-1

世界的に流行しているSUVだけに、大がかりなフェイスリフトで話題を喚起し、商品力も高めたいところです。

4971-3

新型RVRは、最近の三菱車に採用されている「ダイナミックシールド」と呼ばれる新しい顔つきになっていて、新デザインの17インチアルミホイールにより力強い雰囲気が色濃く漂っています。なお、新型ASXは今年の4月から中国で生産、販売するとしています。

ほかにもアウトランダーPHEVやアウトランダー、スポーティセダンのランサーEXの特別仕様車などが披露されます。

三菱自動車の国内での今後の動向も不透明ですが、収益の大きな海外への展開にも注目が集まります。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。