日産の次世代・国産V6エンジンは水冷インタークーラーで400馬力の3.0リッターターボ

日産自動車が、2016年より国内で生産する新型V6エンジンの画像やスペックを公開しました。

Nissan_VR_engine151217-03-01280

ボア×ストロークは86.0mm×86.0mmのスクエア型の3.0リッターエンジン。現時点では、スタンダードとハイパワーの2種類がバリエーションとして予告されています。

スタンダード仕様 主要スペック
最高出力:300hp(224kW)/6400rpm
最大トルク:400Nm/1600-5200rpm

ハイパワー仕様 主要スペック
最高出力:400hp(298kW)/6400rpm
最大トルク:475Nm/1600-5200rpm

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。