日産とダイムラーが小型高級車の共同開発を発表!

日産自動車は今年に入り、スポーツセダン「スカイライン」にダイムラー製のターボエンジンを搭載するなど、2010年4月のダイムラーとの資本提携発表以降、エンジン等の部品共有や共同生産を加速させています。

NISSAN_SKYLINE

6月27日には高級コンパクトカーの共同開発を発表。  

両社はメキシコ新工場で共同生産予定で、2017年に日産が「インフィニティ」ブランド車を、翌年にダイムラーが「メルセデス・ベンツ」ブランド車を生産する計画。 

総額約1,380億円を日産とダイムラーが折半で出資、2021年までに年間生産台数を30万台までに引き上げる計画で、新たに約5,700人の雇用を創出すると言います。 

NISSAN

日産は北米に於ける高級車の販売を強化するのが目的で、一方のダイムラーは小型車の生産規模を拡大させる狙いが有るとみられています。 

両社が完成車の生産で連携するのは今回が初。共通プラットフォームを使用するものの、デザインは両社が独自に行う模様。

NISSAN

カルロス・ゴーンCEOは「プレミアムコンパクトカーの共同開発及び共同生産は、両社にとって最大のプロジェクト」としており、ダイムラーのディーター・ツェッチェCEOも「一つの工場で両社のスキルを融合させることで、パートナーシップを新たな段階へ進めて行く」との考えを示しています。 

一方、両社は6月26日に米アラバマ州で生産されるメルセデス・ベンツ「Cクラス」と欧州向けインフィニティ「Q50」(日本名:スカイライン)に搭載する4気筒ガソリンエンジンを米テネシー州の工場で生産開始。 

Mercedes-Benz-C-Class

さらには来年の国内発売が予想されるFFモデル、インフィニティ「Q30」についてもメルセデス・ベンツ「Aクラス」のプラットフォームを流用している模様。 

NISSAN_Q30
(フランクフルトモーターショー13に出展されたQ30コンセプト )

このように日産とダイムラーは僅か4年間で協業規模を急速に拡大している状況。 
3年後の両社共同開発による高級コンパクトカー登場が今から大いに注目されます。 

〔関連記事〕
日産が女性向け販売店「レディー・ファースト認定店」展開
https://clicccar.com/2014/06/29/260049/ 

「技術の日産」が洗車要らずのセルフクリーニングカー開発!
https://clicccar.com/2014/06/12/258101/ 

メルセデスベンツ「GLA」とスーパーマリオがCMでコラボ!
https://clicccar.com/2014/06/08/257691/ 

日産スカイラインにメルセデスの心臓を移植した背景
https://clicccar.com/2014/06/07/257595/ 

日産の欧州戦略は2016年までに「欧州でアジア車No.1」!
https://clicccar.com/2014/04/29/254053/

 (Avanti Yasunori) 

【画像をご覧になりたい方はこちら】 https://clicccar.com/2014/07/01/260587/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。