日産自動車、三菱自動車、NMKVの三社、軽自動車の協業を拡大、次期型モデルを共同開発へ

日産自動車、三菱自動車、並びに両社の合弁会社であるNMKVの三社は、現行軽自動車の次期型モデルについても、三社共同でのプロジェクトとすることに合意した、と発表しました。

4844-14844-2
(画像出典:三菱自動車工業)

日産「デイス」、三菱「ekワゴン」の次期型モデルの開発について、今後は日産も商品企画に限らず、実際の開発・設計業務を分担することになり、開発と生産の連携を担当する部署を新た設ける模様です。また、次期型モデルの生産は引き続き三菱自動車の水島製作所で行う予定とのことです。

130308-01-01130308-01-02
(画像出典:日産自動車)

三社の軽自動車に関する協業事業は、水島製作所の稼働率を向上させたい三菱自動車と、軽自動車を持たず、軽自動車をラインナップに加えたい日産が、2011年6月に合弁会社のNMKVを設立してスタートしました。

この協業により、2013年6月に日産「デイズ」、三菱「eKワゴン」、2014年2月には「デイズルークス」、「eKスペース」を登場させました。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事