【東京モーターショー15】60周年記念パレードで豊田章男トヨタ社長が意外なクルマに乗るワケは?

お台場にある東京ビッグサイトで開催される第44回東京モーターショー2015の開幕が目前となりました。その記念すべき第1回全日本自動車ショウが1954年東京の日比谷公園で開催され、昨年の2014年に東京モーターショーは60周年を迎えました。

セリカGT-4

これを記念して、1950年代から各年代を代表する乗用車、商用車、二輪車約70台が、自工会トップの参加のもと、10月24日土曜日朝9時15分から東京モーターショー発祥の地である、日比谷公園に近い銀座みゆき通りをスタートして、日本橋、銀座をパレードします。そしてパレード終了後には日比谷シャンテ周辺の歩行者天国に一部のパレード車両を展示する予定となっています。

パレード車両のドライバーとしてトヨタ自動車株式会社の豊田章男代表取締役社長は1993年に登場したセリカGT-FOURを運転します。日産自動車株式会社の西川廣人代表取締役CCO兼副会長はリーフ。本田技研工業株式会社の池史彦代表取締役会長はS660、八郷隆弘代表取締役社長執行役員はNSX-Sを運転します。

日産リーフ S660 NSX コスモスポーツ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事