ハチロク、ヨタハチ、カローラ、カリーナ…懐かしさで涙モノの旧車がズラリ!【東京旧車会レポート・トヨタ編】

■実用車の代名詞、カローラが旧車だとこんなに輝いて見えるなんて!

●東京旧車会(6月16日/大麦代園地駐車場/東京GT倶楽部主催)

奥多摩の駐車場に勢ぞろいした旧車たち。毎月第三日曜日は、ここで東京旧車会というミーティングが行われているのです。今回は、その会場にお邪魔した取材班がビビッと目をつけたトヨタ車をご紹介します!


峠といえばAE86レビン&トレノですね。漫画の影響で今も大人気のAE86ですが、この2台は今でも十分楽しめるようにエンジンを大改造してありました。


右の青いAE86には気筒あたり5バルブとなるAE101に採用された4A-GE型エンジンに換装されていました。さらに吸気系をレーシングキャブのFCRに、排気系に等長マニホールドを組み合わせたハイパワー仕様になっています。


イエローのAE86には純正の4A-GEU型エンジンが残されていますが、こちらもソレックスキャブレターで吸気を、ステンレス製等長マニホールドで排気系をチューンしてあります。


スポーツモデルのレビン&トレノが初めて登場した2代目カローラ。ボディはノーマルのままですが、車高を下げて純正スチールホイールをワイド加工した姿がスポーティですね。


カローラの兄弟車がスプリンター。こちらは4代目のE70系。スーパーレアなリフトバックモデルです。トレノではないスプリンターですが、GTにはトレノと同じ2T-Gエンジンが採用されていました。

『トヨタ・86』の最新記事
GRパーツコンセプト装着車
コンセプトモデルのためのコンセプトモデル!? 新型GR86にワイドボディなどを装着した超過激モデルが登場【FUJI 86 STYLE with BRZ 2021】
GR86と新型BRZ
GR86と新型BRZの謎と秘密がトークショーで明らかになった!【FUJI 86 STYLE with BRZ 2021】
クルマも性格は顔に出る? 新型GR 86と新型スバルBRZのキャラの違いは空力パーツの「模様」でわかる

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事