ダイハツ・コペンの着せ替え用「DRESSパーツ」の価格はいくら?

軽自動車ではホンダS660も参戦し、登録車ではマツダ・ロードスターも新型にスイッチしたことで注目を集めているオープンモデルですが、クルマ(新車)がモデルライフを通じて売れ続けることは容易ではありません。

th_copen_151001001

それがシュリンクしているオープンカー市場となると、新型コペンを送りだそうとしていたダイハツの開発陣の危機感もよく理解できるもので、賛否両論ありそうですが、現行コペンには数々の「変革」といえるコンセプトが盛り込まれています。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。