トヨタ新型クラウンに2.0L直噴ターボエンジン搭載車を新設定

ダウンサイジングターボは欧州が先行し、日本勢はハイブリッドに注力してきたという大まかの流れがありましたが、日本の高級車の象徴的存在であるトヨタ・クラウンにも直噴ターボエンジンが搭載されました。

 TOYOTA_CROWN_05

今回のマイナーチェンジは、フェイスリフトだけでなく、こちらでも紹介した「ITS Connect」などによる安全性能の向上、そして2.0L直噴ターボの搭載(アスリートシリーズ)、さらに最近トヨタが進めているボディ剛性の強化(構造用接着剤の採用など)などが主な柱となっています。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事