次期「スープラ」? トヨタのスポーツカー・コンセプト新バージョン披露

BMWのエンジニアリングを使い、次期『スープラ』と目されるトヨタのコンセプトカー 「FT-1」の世界初公開は2014年1月のデトロイトショーでした。

このときは赤いボディに、ブラック基調でレッド・アクセントの入ったインテリアで、アメリカンスポーツ的な雰囲気となっていたのです。

2015_Toyota_FT1_002

そして、2014年8月、新色を与えられた「FT-1」ニューバージョンが披露されています。

今度のボディカラーは、より『スープラ』を思わせるシルバー系のグラファイトペイントとなり、違う世界を表現しながら、リアリティも増しているということです。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。