SUGOの魔物は健在だった?第6戦SUGOはマザーシャーシ勢が初勝利!【SUPER GT 2015】

9月19、20日にスポーツランドSUGOで開催されたSUPER GT第6戦「2015 AUTOBACS SUPER GT Round 6 SUGO GT 300km RACE」。

011

予選結果から見ると、上位4台はJAF-GT規定のマシンが並び、ポールポジションが55号車ARTA CR-Z GT、2位が25号車VivaC 86 MC、3位が31号車TOYOTA PRIUS apr GT、4位が18号車UPGARAGE BANDOH 86で、5位にやっとGT3マシンである88号車マネパ ランボルギーニ GT3が入ります。

だからといってGT3マシンが予選で遅いのか?といわれればそれは間違いで、Q2進出マシンのうち11号車GAINER TANAX SLSを除く全車両、それこそQ2最下位の2号車シンティアム・アップル・ロータスも含めての全車がコースレコードを更新しながら予選を争っていたのです。

Q1、Q2を通して一番速かったTOYOTA PRIUS apr GTは、昨年のラップタイムも1秒3も更新!同じくハイブリッドのARTA CR-Z GTもQ2で電気炸裂のポールポジションを決め、ハイブリッドの電気パワーが炸裂しました。

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。