アクシデントでタフな展開に。それでも完走を遂げたKONDO RacingのGT-R【SUPER GT 2015】

5月3日に決勝が行われたSUPER GT第2戦「2015 AUTOBACS SUPER GT Round 2 FUJI GT 500km Race」。

001

KONDO Racingは前日の予選で、Q2進出を確実なものにするためにエースドライバーの佐々木大樹選手がQ1をアタックし6位で通過。それに応えるかのごとく、今年がGT500クラス初参戦のルーカス・オルドネス選手がレコードタイムを更新する1分28秒642を叩き出します。

この予選、ライバルチームもレコードタイムを更新しあうようなハイスピードバトルとなり、最終的にKONDO Racingの#24 D’station ADVAN GT-Rは5番手と、決勝のグリッドをまずまずの好位置に確保します。

004

そして迎えた決勝レース。スタートドライバーの佐々木大樹選手はスタート直後から激しいポジション争いとなりますが、序盤戦はタイヤをセーブする作戦なのか、若干ポジションを落としながらもストレートではトップが見える位置をキープし続けていきます。

006

作戦通り順調に周回を重ねていく中、10周目にGT300クラスの#88 マネパランボルギーニが第一コーナー手前でタイヤバーストによりスピン。盛大にオイルを撒き散らしながら出火したためにセーフティーカーを導入しての隊列走行が行われます。そして16周目に再スタートが切られた瞬間、KONDO Racingの#24 D’station ADVAN GT-Rに悲劇が襲いました。

この記事もよく読まれています
あなたにおすすめの記事