ホンダが国内モータースポーツ計画を発表、オールフィットのレースをもてぎと鈴鹿で開催

2015年からパワーユニットサプライヤーとしてF1に復帰するホンダが、国内モータースポーツの活動について発表しました。

四輪のモータースポーツ活動において、国内カテゴリーの中心となるのはスーパーGTとスーパーフォーミュラ。 いずれもレース専用4気筒直噴ターボエンジンを用いたレースです。

et150213002H

スーパーGTではGT500クラスにおいて5チーム5台に「NSX コンセプトGT」を、スーパーフォーミュラは5チーム9台にエンジンを供給することが発表され、ドライバーが所信表明。

エース格といえる山本 尚貴選手は「ホンダの中でのトップであり、またカテゴリーでもトップに立ちたい」と決意を述べました。