ホンダ「グレイス」の販売好調はセダン復権の予兆か?

国産コンパクトセダンの人気が薄らいで久しいなか、ホンダが昨年12月に発売した4ドアHVセダン「グレイス」が発売後2ヶ月で10,000万台を超えたそうで、3,000台の月販計画に対して5,000台/月ペースで推移しているようです。

HONDA_GRACE

スタイリッシュなボディフォルムに加え、同社の上級モデル「アコード」クラスの室内長(2,040mm)がもたらすゆったりとした後席足元スペース、上質なインテリア、数あるHVモデルの中でも優れた燃費性能(34.4km/L)などが好評なのだとか。

それもその筈、スペックを見ると、ベースモデルのフィットに比べて後席足元スペースに利くホイールベースが大幅にストレッチされており、これにより室内長が105mm拡大しています。 

HONDA_GRACE

さらにHVでは稀なフルタイム4WDモデルが用意されており、価格も195〜241万円と比較的リーズナブルに抑えられている点も魅力。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事