カーボン製法の最先端を知る! 国際会議場のスペシャルイベント【東京オートサロン2015】

東京オートサロンといえば、様々なチューニングやドレスアップを受けたカスタムカーの祭典です。

そして、FRPなど樹脂製パーツによるドレスアップや、カーボン製パーツによる軽量化・空力性能アップは、カスタムカーにとっても欠かせないメニューとなっています。

そんな東京オートサロン2015の開催されている幕張メッセ「国際会議場」でカーボンパーツに関する非常に興味深いセミナーが開催されました。

MFi_TAS201502

そのセミナーとは、「MFiテクニカル・セミナー@東京オートサロン Presented by三菱ケミカルホールディングス」。

自動車テクノロジーを楽しもうという視点の「MFi(モーターファン・イラストレーテッド)」の通巻100号を記念して、1月10日に開催されたテクニカルセミナーでは、公開編集会議など様々なプログラムが用意されていましたが、その中に次のような講義もありました。

「自動車用CFRP部品の量産技術がもたらす今後のアフターマーケット ~ オートクレーブ工法からPCM工法へ~」三菱ケミカルホールディングス

登壇されたのは、株式会社チャレンヂ 代表取締役社長の中村敬佳さんと、三菱レイヨン株式会社 複合材料開発センターの秋山浩一さんです。

カーボンというのは、軽くて丈夫という認識はあるけれど、どのように成形するのかよくわかっていないというユーザーから自動車業界で活躍している人までを対象にしたセミナーです。

さて、そもそも「CFRP」とは、「PCM工法」とは何のことなのでしょうか。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。