【東京オートサロン2017】LEAP DESIGNのフェラーリ・458イタリア用スポイラーは必見!!

フェラーリ、マセラティなどを手がけるLEAP DESIGN(リープ デザイン)は、ベントレー・ベンテイガとフェラーリ458イタリアを出展。

ベントレー・ベンテイガは京都の「fairly Design(フェアリー・デザイン)」との初のコラボによるエアロで、圧倒的な存在感を放っています。

img_4119
img_4180

隣に並ぶフェラーリ458イタリアには、一部をのぞきカーボン製のフロントスポイラー(198,000円)、フロントダクトウイング(108,000円)、サイドスカート(328,000 円+塗装費)、リヤディフューザー(218,000円)、リヤスポイラー(98,000円)、リヤフォグカバー(158,000円)を装着。価格はいずれも税別です。

img_4182
img_4117 img_4118

ノーマルでも圧倒的な存在感を放つフェラーリ458イタリアですが、リープデザインによるスポイラーによって低く構えたフォルムは一見の価値があります。

(文/写真 塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。