テスラがオートパイロット追加した「モデルS P85D」を価格1270万円で発売へ!

ニューヨークやボストンなど、冬場のぬかるんだ雪道での需要が多かったことからFR仕様だったモデルSの前輪にモーターを追加して全輪駆動としたもの。

TESLA_MODEL-S
(出展 TESLA MOTORS)

霧や雪に対応すべく、センサーを車両の周囲に搭載、危険を察知すると介入するもので、寒冷地や高い走行性能を求める市場への販売拡大を狙っているようです。

TESLA_MODEL-S_P85D

また、既存モデルよりも一充電あたりの航続距離を約16km伸ばすことで、約440kmの長距離走行が可能になっています。

TESLA_MODEL-S_P85D

イーロン・マスクCEOは発表会で同車の加速感を「ジェットコースターのように刺激的」と表現。

さらに速度標識の認識や車線変更に加えて車庫入れや乗車前のエアコン作動などを自動化するなど「自動運転」の実現に一歩近づけたものとなっているそう。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。