スズキ「ワゴンR」に モーターアシスト「S-エネチャージ」搭載で燃費32.4km/L

スズキの軽自動車「ワゴンR」と「ワゴンRスティングレー」がビッグマイナーチェンジを受け、2014年8月25日から発売開始となっています。

ワゴンRスティングレー X フェニックスレッドパール

内外装のリフレッシュ、ワゴンRスティングレーには後退時の左右確認をサポートする機能をオプション設定、ターボグレードにはクルーズコントロールを装備するなど進化していますが、最大の注目は、新しい省燃費テクノロジーを採用、2WDで32.4km/L、4WDで30.2km/Lという省燃費性能を実現したことにあります。

そのキーとなる新テクノロジーが、『S-エネチャージ』 なのです。