プジョー「108」と「308SW」をワールドプレミア

2014年3月4日に開幕する第 84 回ジュネーブモーターショーにおいて、プジョーはAセグメントの新型コンパクトカー「108」と、Cセグメントのワゴン「308 SW」 の2モデルをワールドプレミアします。

 PEUGEOT_108_Exterior_Front

108は1.0リッターと1.2リッターという3気筒ガソリンエンジンを搭載、5速MTとの組み合わせを基本としています。もっともCO2排出量の抑えられた1.0リッター e-VTi68 5速MTでは、88g/kmという排出量になっています。

ボディサイズは全長3.47m、全幅1.62m。車重は840kg~と軽量に仕上がっているということです。ラゲッジスペースはタイヤ補修キットを選んだ場合で196リッター、スペアタイヤを選ぶと180リッターになると発表されています。

ボディ形状は、3ドアと5ドアを用意。『TOP!』と名付けられたコンバーチブルタイプもラインナップされています。

PEUGEOT_108_Exterior_Rear

 「308SW」は、すでにデビューしている新型308のステーションワゴン・モデル。欧州での発売開始は2014年4月予定。日本には今秋にも上陸する予定となっています。

PEUGEOT_308sw_1312styp002

■関連記事
新型プジョー308SW、日本発売2014年秋を前にフォトデビュー
https://clicccar.com/2014/01/13/242472/

(山本晋也)