184psを発揮するVWゴルフGTDヴァリアントがジュネーブモーターショーでデビュー

日本には残念ながらまだディーゼルエンジンは投入されていませんが、年内には日本にもディーゼルを導入すると明らかにしているフォルクスワーゲン。

EVやPHEVなども積極的ですが、日本で足らなかったディーゼルというピースが揃えば、現在のBMWやマツダのように車種によってはディーゼルのグレード比率がガソリン仕様を上回る展開も考えられます。

VW_GOLF_GTD_01

まずは看板車種ゴルフへのディーゼル投入が期待されますが、ジュネーブモーターショーでは、新型「ゴルフGTDヴァリアント」が初公開されました。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。