3気筒ターボを搭載する10代目ホンダ・シビック5ドアが世界初公開

2016年3月1日に開幕したジュネーブモーターショーにおいて、ホンダは新世代シビック5ドアハッチバックのプロトタイプを公開しています。

4160301_004H

この世代から、欧米で共通プラットフォームとなるシビック。アメリカ市場ではセダンからローンチしていますが、ヨーロッパは5ドアのラインナップからスタートする予定で、その発売は2017年初頭とアナウンスされています。

注目はエンジン。初登場となる1.0リッター3気筒ガソリンターボや1.5リッター4気筒ガソリンターボといったダウンサイジングターボと、欧州で展開してきた1.6リッター4気筒ディーゼルのラインナップと発表されました。

なお、イギリスで生産される予定のシビック5ドアハッチバックは、北米市場にも輸出される予定ということです。

北米向けのシビック4ドアセダンについては日本への導入も検討されているということですが、ハッチバックの日本導入はあるのでしょうか?

(山本晋也)

【関連記事】

ホンダが社長会見でシビックセダンの日本導入に言及した!
https://clicccar.com/2016/02/25/356585/

10代目のホンダ・シビックが北米でカー・オブ・ザ・イヤーを受賞!
https://clicccar.com/2016/01/12/347564/

新型シビック・ハッチバックをジュネーブモーターショーで世界初公開!
https://clicccar.com/2016/02/10/353537/

シビックセダン タイプR、ニュル高速テストを目撃!
https://clicccar.com/2015/11/09/337469/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事