ランボルギーニ・ウラカンも雪道でテスト!

2014年からは開始されるワールドプレミア・イベントを前に流出画像が公開されているランボルギーニ・ガヤルドの後継車であり、前回報道では「カブレラ」という名称だった「ウラカン」のスノーテストを初スクープしました。

Lambo 1

610ps/8250rpm、最大トルク560Nm/6500rpmを誇る5.2リットルV10エンジンを搭載しトランスミッションは6速MTと7速デュアルクラッチ・ミッションが組み合わされます。

(APOLLO)