350万円でマクラーレンF1を自作した男【動画】

マクラーレンF1はご存じのかたも多いでしょう。1990年代にマクラーレンが作ったロードゴーイングカーで、センターシートレイアウトを採用するなど、きわめて特徴的な超高性能車でした。当時の日本での価格は1億円くらいだったそうです。さすがに普通の人は無理をしても買える価格ではありません。ところが、いろいろなスクラップやスペアパーツをかきあつめて、340万円でマクラーレンF1を作ってしまったひとがいます。

 McLaren_Replica_02

「Top Gear」の大ファンだというジャセック・マズールさん。48歳のアマチュアメカニックのひとだそうです。もちろん完全なマクラーレンF1ではなく、レプリカですが。それでも時速200マイル出せるとのことです。

 McLaren_Replica_01

しかし作りかたは本格的。パイプフレームを組み、ボディも自分で作ったそうです。また、私は「Top Gear」のことはよく知りませんが、その出演者リチャード・ハモンド氏のために小さい椅子をひとつよけいに組み込んだんだとか。しかも見たところちゃんと公道を走っているようです。それにしてもこれだけ精巧なマクラーレンF1のレプリカに乗れるというだけでなく、こんなクルマを作るっていうのも、楽しいでしょうねぇ。

(まめ蔵)

この記事の著者

まめ蔵

まめ蔵 近影
東京都下の農村(現在は住宅地に変わった)で生まれ育ったフリーライター。昭和40年代中盤生まれで『機動戦士ガンダム』、『キャプテン翼』ブームのまっただ中にいた世代にあたる。趣味はランニング、水泳、サッカー観戦。好きな酒はビール(夏場)、日本酒(秋~春)、ワイン(洋食時)など。苦手な食べ物はほとんどなく、ゲテモノ以外はなんでもいける。所有する乗り物は普通乗用車、大型自動二輪車、原付二種バイク、シティサイクル、一輪車。得意ジャンルは、D1(ドリフト)、チューニングパーツ、極端な機械、サッカー、海外の動画、北多摩の文化など。