BMW・5シリーズGT、次期型はここに注目!

先週から続くBMW5シリーズ次世代モデルのテストですが、最後のバリエーションとなる、『5シリーズ GT』(グランツーリスモ)の軽擬装プロトタイプを捕捉しました。

Spy-Shots of Cars This image has been optimized for a calibrated screen with a Gamma of 2.2 and a colour temperature of 6500°K

関係者の話では、次期型で注目すべき点は、背の高いハッチバックスタイルはそのまま、ハッチゲート開口部がワイドになり使い勝手が向上、荷室容量がアップされるほか、リアウィンドウに高さを持たせ、リアシートの居住性に開放感を持たせている点。

Spy-Shots of Cars This image has been optimized for a calibrated screen with a Gamma of 2.2 and a colour temperature of 6500°K

新開発「35UP」プラットフォームを採用し、100kg以上の減量となる「5シリーズ」のパワーユニットは、1.5リットル直列3気筒、2リットル直列4気筒ターボ、直列6気筒のほか、「xDrive40e」プラグインハイブリッドモデルもラインナップされる可能性が高いようです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?