日産のサプライズ・コンセプトカー「IDx」の「FR」らしさは?【東京モーターショー2013】

日産が東京モーターショー2013にて、事前情報なしのサプライズで登場させたコンセプトカーが、「IDx(アイディーエックス)」です。「アイディーエックス フリーフロー」と「アイディーエックス ニスモ」という2つの個性がワールドプレミアされ、話題を集めています。

idxnismo-33

全長:約4.1m、全幅:約1.7m(ニスモは約1.8m)、全高:約1.3mというコンパクトでシンプルな3ボックスフォルムをキャンバスに見立て、1990年以降に生まれた“ジェネレーションZ”、“デジタルネイティブ”の心に刺さることがターゲットのコンセプトカーです。

そのために、プロフェッショナルのエンジニアとジェネレーションZ世代が『コ・クリエーション(共同創造)』したというアプローチもユニークでチャレンジングなコンセプトカーとなっています。どこか昔ながらを感じさせる様々な要素は懐古趣味的にも見えますが、ノスタルジーの現代的なアレンジこそが、今回の成果だということです。 今風のフェンダーミラーなどは、そうした再解釈の一例といえるのではないでしょうか。

idxfreeflow-08

角ばったフォルムやディテールに往年のスカイラインやブルーバードといった名車の面影を感じさせるコンセプトカー「アイディーエックス」ですが、そこまで遡らなくとも、とあるコンセプトカーを思い出すという日産ファンもいるのでは?

foria_01

2005年の東京モーターショーにて日産が出品したコンセプトカー「フォーリア」です。こちらは『オトナのための上質なコンパクトスポーツ』というコンセプトで、ボディサイズは全長:4350mm、全幅:1695mm、全高1370mm。と、2013年の「アイディーエックス」と非常に似たサイズ感となっているのです。

また、水平基調のボディライン、ロングノーズと四隅に配置したタイヤといったスタイリングなど共通点も見受けられます。 ディテールでいえば、フロントフェンダーにエア・アウトレットを設けている点や、インパネ中央に大型ディスプレイを配置したコクピットも共通性があるといえるかもしれません。

idxfreeflow-foria_inpa

往年の名車をイメージさせる各部の造形、そして7年前の東京モーターショーに登場したFRコンパクトスポーツとの重なるシルエット、そしてキャビンにおいて存在感を出すセンタートンネルから、「アイディーエックス」はFRレイアウトという印象が強いのですが、公式にはFRとはアナウンスされていません。

オフィシャルに発表されているパワートレインは、「アイディーエックス フリーフロー」が1.2~1.5リッターのガソリンエンジンとCVT(無段変速機)、「アイディーエックス ニスモ」は1.6リッター直噴ターボエンジンと6速マニュアルモード付きCVTと、横置きを連想させるものになっているのです。

idx_nismo_rear_dooropen

駆動方式が明記されていないとはいえ、このパワートレインは横置きを想定していると捉えるのが妥当でしょう。とはいえ、FFとは限りません。左右トルクコントロールの可能な4WDという可能性も十分に予想されます。

「アイディーエックス」は、まさに『FRスピリット』的なコンセプトカーといえそう。東京モーターショー2013の開催期間は12月1日まで、そのネライを間近で感じてみてはいかがでしょうか。

 ■関連記事
日産ブースが表現する現在・過去・未来とは?【東京モーターショー2013】
https://clicccar.com/2013/11/24/237963/

日産「ブレイドグライダー」「IDx」動画・画像ギャラリー-カルロス・ゴーンが乗って登場!
https://clicccar.com/2013/11/20/237022/

日産は電気自動車の新コンセプトほか、ミニバンのマイナーチェンジなど展示【東京モーターショー2013】
https://clicccar.com/2013/11/12/235765/ 

 

(山本晋也)