【新車】2020年3月末までの期間限定モデル「フェアレディZ 50th Anniversary」は4,588,920円〜

2019月4月17日に披露された日産フェアレディZの生誕50周年を記念した期間限定モデル「フェアレディZ 50th Anniversary」の価格が発表されました。

2020年3月末までの期間限定モデルとして予約注文が開始されており、今年の7月から発売されます。

生誕50周年を記念して設定された「フェアレディZ 50th Anniversary」は、1970年にアメリカの「SCCA(スポーツ・カー・クラブ・オブ・アメリカ)」レースで優勝した「Datsun 240Z BRE」のデザインを新たな形で再現。

「フェアレディZ」グレードをベースに、「ブリリアントホワイトパール(3コートパール)」のボディに「バイブラントレッド」の組み合わせを用意。ほかにも「ブリリアントシルバー・メタリック」に「ダイヤモンドブラック・パール」が組み合わされたボディカラーも設定。

外観のディテールではフロントフェンダーにステッカーが配され、リヤには50周年記念を象徴するバッジを追加。足元は、ホイールリムにレッドラインが追加された19インチアルミホイールが装着されています。

一方の内装は、レーシングカーをイメージさせるセンターストライプが施されたアルカンターラ表皮のステアリングホイールのほか、専用キッキングプレート、専用カラーのシフトノブ、専用ステッチ付のパワーシートやドアトリムが目を惹きます。また、シート、シフトノブまわりやメーター内に50周年記念ロゴが配されるとともに、そのほかの多くの専用装備で、50周年の特別感が演出されています。

気になる価格は「ブリリアントシルバー(M)/ダイヤモンドブラック(P)2トーン」の6MT、「ブリリアントホワイトパール(3P)/バイブラントレッド2トーン」の6MTが4,588,920円、「ブリリアントシルバー(M)/ダイヤモンドブラック(P)2トーン」「ブリリアントホワイトパール(3P)/バイブラントレッド2トーン」が4,666,680円です。

(塚田勝弘)

『日産自動車』の最新記事
日産の西川社長
日産西川社長が辞任を発表。いったいどんな悪いことをしたのか?
日産・スカイラインの予約受注が好調。「400R」は40代以下のユーザーに支持される【新車】
日産キューブが年内で生産終了するも、待望の新型ジュークが欧州でデビュー【新車】
スタイリッシュな外観が魅力。日産・NV350キャラバン プレミアムGX アーバンクロムが新登場
日産NV100クリッパー リオ「チェアキャブ」
【新車】踏み間違い防止アシストも用意。日産のNV100 クリッパー リオ「チェアキャブ」が一部改良で先進安全装備を充実
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事