[現地画像]スバルの旗艦「レガシィ」コンセプトがショーデビュー【ロスアンゼルスオートショー2013】

スバルが東京モーターショーに出展した「レヴォーグ」がレガシィ・ツーリングワゴンの実質的後継モデルといわれるのは、次のレガシィが、スバルのフラッグシップとして、北米主体で開発されているからという面もあります。その次期レガシィを示すコンセプトモデルが、11月20日に開幕したロスアンゼルスオートショー2013にて公開されました。

2013_LA_SUBARU035

 スバルの新世代デザインの象徴といえる大柄なヘキサゴングリルがそのまま広がって、ボディを構成するようなフロントマスクは迫力十分。21インチの大径タイヤを收めるマッシブなフェンダーフレアは、いかにもスバルAWDに期待されるハイパフォーマンスを、そのフォルムでアピール。また、北米IIHSの衝突試験において高評価を受けるスバルらしい逞しさも表現しています。

ショーカーに用いられた金属調シルバーのエクステリアカラー「Ocean Silver Metallic」が、そうしたスバルの旗艦らしさを強調しているのも注目点。まさにアメリカ市場でのニーズに合わせたミッドサイズのAWDセダンという雰囲気です。

●レガシィ コンセプト ボディサイズ
全長:4930mm
全幅:1940mm
全高:1500mm
ホイールベース:2880mm
乗車定員:4名
タイヤサイズ:265/40ZR21 

 ■関連記事
新型レガシィ、コンセプトで登場【ロスアンゼルスオートショー2013】
https://clicccar.com/2013/11/15/236337/

[現地画像]スバルのスポーツフラッグシップ新型WRXがアメリカで公開【ロスアンゼルスオートショー2013】
https://clicccar.com/2013/11/21/237643/

スバル「レヴォーグ」国内向けのレガシィ後継モデルついに登場【東京モーターショー2013】
https://clicccar.com/2013/11/20/237212/

2013_LA_SUBARU030

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。