6代目「クラウン マジェスタ」はダウンサイジング ! クラウンと共用進む

トヨタ自動車が9月9日、6代目となる新型「クラウンマジェスタ」を発売しました。

TOYOTA_CROWN_MAJESTA

今回のFMC(フルモデルチェンジ)では従来の4WDを含む全6グレードからHVのみの2グレードに整理され、スッキリとしたモデル体系となっています。 

TOYOTA_CROWN_MAJESTA
 (出展 トヨタ自動車)

また、歴代モデルと異なり、弟分の「ロイヤル」との共通化が大幅に進んでいます。 

TOYOTA_CROWN_MAJESTA
(新型 クラウン マジェスタ)

フロントマスクを見れば「マジェスタ」と判別できるものの、リヤビューやサイドビューからでは恐らくネームプレートを見ない限り判別できないかもしれません。 

サイドビューではドア下を前後に走る光モールを除けばロイヤルど殆ど同じに見えますが、後席足元スペース確保の為、ホイールベースがロイヤル比で+75mmストレッチされており、それに伴って全長も+75mm長くなっています。 

 TOYOTA_CROWN_MAJESTATOYOTA_CROWN
       マジェスタ               ロイヤル

これにより、リヤドアやルーフ、ロッカーパネルなどがロイヤルとは別物となっている筈ですが、意匠的に巧みにストレッチされている為、両車を2台並べてみない限り、違いを一瞬で判別するのは難しそう。

 マジェスタは月販目標台数が500台と非常に少ない為、トヨタは6代目にして遂にロイヤルとの大幅共通化に踏み切ったものと推測されます。

車両価格帯を見ると、先代のガソリンモデルが612万円~792万円だったのが新型では2モデル共にHV化されているにも拘わらず610万円~670万円となっていることからもエンジンのダウンサイズ等、車両価格の引き下げに向けた努力が感じられます。 

TOYOTA_CROWN_MAJESTA
(出展 トヨタ自動車)

勿論、ヘッドランプが多眼プロジェクター式の専用品であったり、ラジエータグリルも一層大きく、ロイヤルよりも威厳が有り、電装品などの装備面でも「マジェスタ」に相応しい内容になっていることは言うまでもありません。 

店頭発表会は9月21日(土)、22日(日)、23日(月)とアナウンスされています。 

<参考>スペック比較 

【新型マジェスタ】
エンジン 3456ccV型6気筒DOHC+モーター
最高出力 292ps/6000rpm (システム最高出力 343ps)
最大出力 36.1kgm/4500rpm
全長×全幅×全高 (4970×1800×1460mm) W/B 2925mm
室内長×室内幅×室内高(2050×1510×1190mm)
燃費 18.2km/L 

【新型ロイヤルHV】
エンジン 2493cc 直列4気筒DOHC+モーター
最高出力 178ps/6000rpm (システム最高出力 220ps)
最大トルク 22.5kgm/4200~4800rpm
全長×全幅×全高 (4895×1800×1450mm) W/B 2850mm
室内長×室内幅×室内高 (1975×1510×1190mm)
燃費 23.2km/L 

【先代マジェスタ】
エンジン 4608cc V型8気筒DOHC 
最高出力 347ps/6400rpm
最大出力 46.9kgm/4100rpm
全長×全幅×全高 (4995×1810×1480mm) W/B 2925mm
室内長×室内幅×室内高 (2135×1520×1205mm) 

■新型マジェスタ Webサイト
  http://toyota.jp/crownmajesta/

〔関連記事〕
・ピンククラウン価格は570〜600万円! 特別色の呼び名はモモタロウ!!
 https://clicccar.com/2013/08/30/229445/

・新型クラウンが発売3カ月で2.6万台 ! ハイブリッドが55%超え !
 https://clicccar.com/2013/04/13/217600/

・新型クラウンの開発でトヨタが取り組んだデザイン改革とは ?
 https://clicccar.com/2013/01/03/208500/ 

Avanti Yasunori

【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】  https://clicccar.com/?p=230351