ホンダ・フリードがマイナーチェンジ、価格は174万6000円から!

『ちょうどいい』サイズ感のコンパクトミニバン「フリード」と、2列シートとして余裕のラゲッジスペースを得た「フリード・スパイク」がマイナーチェンジ、スーパーUVカット・フロントドアガラスやスギ花粉などのアレルゲン物質をほぼ完全に抑制するアレルクリーンシートを標準装備するなどの変更を受けています。

Image converted using ifftoany

外観での主な変更点は以下のようになっています。

・フロントグリルとフロントバンパーガーニッシュのデザイン変更
・ リアコンビネーションランプのブレーキ発光面を赤色に変更
・ フリード系ににプレミアムディープロッソ・パールの車体色を新設定
・ フリード・スパイク系にグラマラスモーブ・パールの車体色を新設定

また、インテリアでは、シートとドアライニング、インパネ加飾を明るいシナモンカラーとしたものをタイプ別に新設定しています。

さらに、足元ではハイブリッドモデルのフルホイールキャップが、2トーンカラーのレイヤードフィンタイプとなったのも今回の変更点となっています。

honda_freed14040007

 

honda_freed14040011

メーカー希望小売価格はフリードが1,746,000円~2,365,000円、フリード・ハイブリッドが2,210,000円~2,392,400円。フリード・スパイクは1,746,000円~2,352,600円、フリード・スパイク・ハイブリッドは2,210,000円~2,380,000円と、お買い得感を刺激する設定となっています。サイドリフトアップシート、車いす仕様などの福祉車両も充実したラインナップとされています。

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。