経産省がFCV(燃料電池車)の保安基準整備を1年前倒し! 実現可能な次世代車へと前進

以前に『究極のエコカー「燃料電池車」の時代は実はすぐソコまで来ている !』でお伝えしたとおり、 排出物が水のみでCO2やNOx、SOxなどの汚染物質を排出しない「FCV」(燃料電池車)は課題を一つ一つクリアして2015年の発売を皮切りに2020年の本格普及を目指して確実に動き出しています。 

FCV展開計画 (出展 水素供給・利用技術研究組合)
FCV展開計画 (出展 水素供給・利用技術研究組合)

日刊工業新聞によると、経済産業省が政府成長戦略の柱の一つに位置付けるFCV国際競争力強化に向けて、水素ステーションの技術基準体系化を2013年度末にも完了する方針を固めたようです。 

具体的には液化貯蔵と、水を電気分解して水素を取り出す2方式の基準を整備する模様。当初計画から1年程度前倒して成長戦略の要となる自動車業界のイノベーションを促進。

有明水素ステーション (出展 水素供給・利用技術研究組合)
有明水素ステーション (出展 水素供給・利用技術研究組合)

また経産省は民間で組織する「水素供給・利用技術研究組合(HySUT)」が2015までに水素ステーションを4大都市圏を中心に100ヵ所整備する計画について、補助金などで支援する方針で、2013年度予算に73億円を計上。 

2013年度末までに、液化貯蔵方式と、電気分解で水素をとり出す両方式に対する保安規制として、各々のスタンドを設置・運用する際の技術基準詳細を詰めて、2014年度に高圧ガス保安法に基づく省令「保安規則」を纏める予定と言います。 

FCV (出展 メルセデスベンツ)
FCV (出展 メルセデスベンツ)

安倍政権の経済成長戦略にFCV用インフラ整備が組み込まれ、2015年の自動車大手各社によるFCV発売に向けて、下準備が着実に進んでいるようです。 

■HySUT(水素供給・利用技術研究組合)Webサイト
 http://hysut.or.jp/ 

■全国水素ステーション一覧
 http://hysut.or.jp/business/2011/station/index.html 

〔関連記事〕
・究極のエコカー「燃料電池車」の時代は実はすぐソコまで来ている !
 https://clicccar.com/2013/05/08/219216/ 

・トヨタ・ホンダなど「FCV(燃料電池車)」を500万円以下で次々発売 ! 
 https://clicccar.com/2013/04/09/217319/ 

・「本当の低公害車」を考える!地球に最も優しいシステムとは?
 https://clicccar.com/2013/04/01/216759/ 

・トヨタとダイムラーが予定するFCVの壮大な普及計画が判明 !
 https://clicccar.com/2013/02/13/212741/

Avanti Yasunori) 

【画像をご覧になりたい方はこちら】 https://clicccar.com/?p=221416