北米のトヨタ86ことサイオンFR―Sの発表前お手本チューンドが格好いい

本日発表のトヨタ86の北米版はサイオンブランドでFR―Sという名前になることは既報の通り。

さて今回紹介するのはそんなFR―Sの「ストリートカスタムのお手本」とでも言うべき仕様です。

変更点はマフラーとシートのカラー、そして車高とホイール程度なんですが、なぜか(?)とっても格好いいのです。

東京オートサロンで発表されたTRD仕様やモデリスタ仕様も悪くないのですが、やっぱりカスタムの基本は車高とホイールのツラ具合だなあ、と改めて思い出させる温故知新なカスタムでした。

つか86、ノーマルではややぼったい部分がなきにしもあらずですが、こうして車高を落とす程度でも全然イケるじゃん!……というのが筆者の素直な換装ですが皆さんはどう思います?

(ウナ丼)

この記事の著者

ウナ丼

ウナ丼 近影
動画取材&編集、ライターをしています。車歴はシティ・ターボIIに始まり初代パンダ、ビートやキャトルに2CVなど。全部すげえ中古で大変な目に遭いました。現在はBMWの1シリーズ(F20)。知人からは無難と言われますが当人は「乗って楽しいのに壊れないなんて!」と感嘆の日々。『STRUT/エンスーCARガイド』という名前の書籍出版社代表もしています。最近の刊行はサンバーやジムニー、S660関連など。