「プリウス+(プリウスプラス)」が出てプリウスが安くなる!?

同じものを買うなら少しでも安く買いたいのが人情というもの。クルマだって同じこと。少しでも多くの値引きを得て、出費を抑えたいところですよね。

そんな中、プリウスを狙っている人に耳寄りの情報が入ってきました。ここにきて、どうやらプリウスのお買い得感が高まっている模様です。

ポイントは、値引きの拡大。エコカー補助金の終了でプリウスの爆発的人気も落ち着いている今、プリウスの販売台数の低下を最小限に抑えようとメーカーも支援し、値引きが拡大しているようです。以前は最大5万円程度を言われていた値引きも、今では10万円程度も難しくなく、15万円を超えることも少なくないとか。この値引き、今までのプリウスではちょっと考えられません。その上で販売店オプション品などもかなりサービスしてもらえることもあるようですね。

すでにお伝えしたとおり「プリウス+(プリウスプラス)」が4月下旬に登場する予定ですが、メーカーとしては新しいプリウス+ばかりが売れないように、値引き拡大で普通のプリウスもたくさん売っていく狙いのようです。

いずれにせよ、選択肢が増えてお買い得に買えるようになるのですから、買う側にとってはうれしい限りですね。個人的には、この状況を受けてホンダのハイブリッド軍団がプリウスの値引き拡大にどう応戦してくるかが楽しみだったりします。

(工藤貴宏)

この記事の著者

工藤貴宏

工藤貴宏 近影
1976年長野県生まれ。自動車雑誌編集部や編集プロダクションを経てフリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジンのマツダCX-5。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。